紛失した際にやるべきこと

紛失した際にやるべきこと

紛失した際にやるべきこと レンタル旅行カバンを喪失したら大抵の人は気が動転してしまうかもしれませんが、それでも構わないので交通に利用した会社のスタッフに声をかける事をお勧めします。
航空であれ新幹線であれ、どのような交通手段でも基本的に旅行カバンが紛失してしまう原因は積み忘れといった手違いか盗難かのどちらかです。
もしも自分が待合室などに置き忘れたならスタッフに相談し、その待合室がある場所に連絡すれば助かる見込みはあります。
けれども航空会社を利用した場合は少々難しいです。
航空会社では積み間違いなどが起こりやすく、そのため手荷物事故報告書の作成をして自宅や宿泊先のホテルに連絡してもらうようにしておかなくてはなりません。
それでも見つからない場合は保証金請求の手続きに移行しますが、レンタル先の対応としては紛失した旅行カバンと同じ価格の代金を支払う事になります。
そうならないためにもまずは、スタッフに声をかけてどうすればいいのか相談すべきです。

レンタルした旅行カバンが壊れたときの対処法

レンタルした旅行カバンが壊れたときの対処法 頻繁に旅行や出張をしない場合には、旅行カバンは購入するよりもレンタルをするほうが便利なことがあります。
ただレンタルした旅行カバンが壊れた時は、正しく対処をすることが必要です。
旅行カバンは基本的に壊れにくいように丈夫に作られていますが、海外の空港などでは放り投げられるということもあるため、キャスター部分が破損することもあります。
そんな時は空港ですぐに補償を求めることも可能ですが、手続きが複雑で現実的に対応が難しい場合も少なくありません。
壊れた場合は、借りた人の瑕疵になってしまうので修理をしなければならないのが基本ですから、返却するときに修理代を請求されることになります。
自分で破損をしたならまだしも、それ以外の原因で破損したときは悔しい思いをすることになるので、そうならないように借りる契約を結ぶときに破損保証に入るという方法があります。
数百円程度を上乗せすれば破損保証に入ることができますから、万が一の時にも修理代を支払わなくて良いので安心です。

新着情報

◎2020/11/16

レンタルできる日数
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

紛失した際にやるべきこと
の情報を更新しました。

◎2020/6/10

不良品が届いたときの対処
の情報を更新しました。

◎2020/04/30

サイト公開しました

「旅行 紛失」
に関連するツイート
Twitter